環境調査 Environment

快適環境づくりをトータルサポート

快適な環境なくして私たちの健康を守ることはできません。よぼういがく協会の環境調査は、粉じん・有機溶剤などが発生する特殊な作業場の環境測定および局所排気装置の点検から、室内空気汚染物質の測定、浴槽などのレジオネラ属菌の検査まで、快適な環境づくりをお手伝いします。

作業環境測定

有害な業務を行う屋内作業場は、環境の状態によっては命にかかわる事故につながる危険があります。企業にとって、作業環境を把握し、労働者に安全な環境を提供することは、最低限行わなければならない義務です。
よぼういがく協会では、作業環境測定機関として、各種作業環境の測定を行っています。

作業環境測定を行うべき場所と測定の種類など

作業場の種類
(労働安全衛生法施行令第21条)
測定の種類 測定回数
土木・岩石・鉱物・金属または炭素の粉じんを著しく発散する屋内作業場 空気中の濃度及び粉じんの遊離けい酸含有率 6ケ月以内毎に1回
暑熱・寒冷又は多湿の屋内作業場 気温・湿度及ふく射熱 半月以内毎に1回
著しい騒音を発する屋内作業場 等価騒音レベル 6ケ月以内毎に1回
坑内の作業場 イ.炭酸ガスが停滞する作業場 炭酸ガスの濃度 1ケ月以内毎に1回
ロ.28℃を超える作業場 気温 半月以内毎に1回
ハ.通気設備のある作業場 通気量 半月以内毎に1回
中央管理方式の空気調和設備を設けている建築物の室で、事務所の用に供されるもの 一酸化炭素及び二酸化炭素の含有率、室温及び外気温、相対湿度 2ケ月以内毎に1回
放射線業務を行う作業場 イ.放射線業務を行う管理区域 外部放射線による線量当量率 1ケ月以内毎に1回
ロ.放射性物質取扱作業室 空気中の放射性物質の濃度
ハ.坑内の核燃料物質の採掘の業務を行う作業場
特定化学物質(第1類物質・第2類物質)を製造し、または取り扱う屋内作業場 空気中の第1類物質または第2類物質の濃度 6ケ月以内毎に1回
石綿等を取扱い、若しくは試験研究のため製造する屋内作業場 空気中における石綿の濃度 6ケ月以内毎に1回
一定の鉛業務を行う屋内作業場 空気中の鉛の濃度 1年以内毎に1回
酸素欠乏危険場所において作業を行う場合の当該作業場 空気中の酸素濃度 その日の作業開始前に
硫化水素発生危険場所は、空気中の酸素及び硫化水素濃度
有機溶剤(第1種または第2種)を製造し、または取扱う屋内作業場 空気中の有機溶剤の濃度 6ケ月以内毎に1回

−ロ、は、作業環境測定士に行わせるか、
作業環境測定機関に委託して行わなければなりません。

局所排気装置の点検

よぼういがく協会では、法律で義務づけられている有機溶剤等を取り扱う場所の局所排気装置の定期点検も行っています。

個人ばく露濃度測定

作業環境測定とは別に、作業者個人に小さなサンプラーを装着し、作業者がばく露する有害物質を把握する測定があります。作業標準等の見直し、リスクアセスメントのための情報として有用であり、作業環境測定を補完するものです。作業環境測定と併せての実施をお勧めしています。

作業環境測定機関としての登録

作業環境測定機関  岩手労働局  登録番号 3-2  登録日 1978(昭和53)年7月20日
中央労働災害防止協会安全衛生サービス名簿登載機関  登載番号  51-03-01

室内空気環境測定

住宅・学校の新築やリフォーム後、目がチカチカする、喉が痛い、頭痛やめまいがするなどの症状が出る「シックハウス症候群」が増えています。その原因は、建材・家具などから出る揮発性の有機化合物(VOC)と考えられています。
よぼういがく協会では、これら「シックハウス症候群」に対応するため、一般住宅から職場や学校まで住環境の測定を行っています。

測定対象物質

ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼン、エチルベンゼン、スチレンなど

レジオネラ属菌等細菌検査

入浴施設などでレジオネラ属菌に感染し、レジオネラ肺炎で死亡す病人などるケースが報告されています。特に乳幼児や高齢者・抵抗力の低下している人がかかりやすい傾向にあります。公衆浴場や旅館などでは、レジオネラ属菌等細菌検査が法律により義務づけられています。
よぼういがく協会では、循環式の浴槽や温泉施設、ビルの冷却塔など菌が繁殖しやすい場所の水質検査を行っています。

ダニアレルゲン検査

アレルギー性の病気をかかえた子どもたちが増えています。アレルギーの原因物質はさまざまですが、中でもダニは主要アレルゲンとして重要視されています。文部科学省は、年1回の定期的なダニまたはダニアレルゲン測定の実施を「学校環境衛生の基準」で定めています。
よぼういがく協会では、この基準に基づいたダニアレルゲン検査を行っています。