岩手県予防医学協会

  • 盛岡(Big Waffle)019-638-7185
  • 金ケ崎(県南センター)0197-44-5711

がん検診

Local medical examination

×

健康診断メニュー

がんの早期発見に向けて

日本人の死因第一位を占める「がん」。かつては不治の病というイメージが強かったがんも、今では「治る病気」になってきました。そのためには、なんと言っても大切なのが早期発見、早期治療です。

よぼういがく協会では各種がん検診に積極的に取り組んでいます。

肺がん検診

肺がんによる死亡率は、日本において、男性では第1位、女性では2位を占めています。肺がんは症状が出にくく、かなり進んだ状態で発見されることが多いため、治りにくいがんといわれてきましたが、早期であれば治療成績も年々よくなっています。

検査項目
  • 胸部X線(直接、デジタル)撮影・判定
  • 喀痰細胞診

胃がん検診

胃がんは長い間、日本人のがんの死亡率の第1位でした。近年では、かかる人の数も死亡する人の数も減少していますが、まだまだ日本人に多い代表的ながんです。胃がんは早期発見すれば治る確率が高くなります。

検査項目
  • 胃部X線(直接、デジタル)撮影・判定
  • ペプシノゲン

大腸がん検診

岩手県は大腸がんの多い県です。死亡者数も年々増加しており、女性の死亡者数の最も多い部位となっております。大腸がんは、早期に発見・治療することで治る可能性が高くなります。ぜひ、この検診を有効に役立ててください。

検査項目
  • 便潜血反応検査
    (ラテックス凝集比濁法・2日法)

子宮頸がん検診

子宮頸がんは、30代後半から40代でがんになる可能性が最も高く、20代や50代以降でも発症のリスクがあります。その原因は性交渉によるHPV(ヒトパピローマウイルス)感染です。厚生労働省は、2004(平成16)年から、子宮頸がん検診の対象を20歳以上の女性に広げ、2年に1度受診することとしました。


検査項目
  • 子宮頸部細胞診・内診
  • HPV検査

乳がん検診

乳がんは、女性がかかるがんのうち最も多いがんです。乳がんと診断される人は年々増加しており、日本人女性の10人に1人が乳がんにかかるといわれています。

しかし、乳がんは早期に発見し適切な治療をすれば、治る可能性が高くなります。

早期発見のための乳がん検診は、40歳以上を対象にマンモグラフィ(乳房X線撮影)が行われています。

よぼういがく協会ではマンモグラフィに加え、乳房超音波検査の併用をお勧めしています。


検査項目
  • 乳房X線
    撮影(1方向・2方向)・判定
  • 乳房超音波検査・判定

乳房超音波検査は乳腺の量が多い方に適した検査で、40歳未満の方にお勧めしています。

また、検査の併用により検査精度が高くなりますので、40歳以上の方にはマンモグラフィと乳房超音波検査の併用をお勧めします。

前立腺がん検診

近年、前立腺がんによる死亡者数が急増し、この10年間でおよそ2倍になっています。前立腺がんで亡くなる人のおよそ9割は65歳以上の高齢者であることから、急速に進む高齢化の中、患者数の増加が懸念されています。前立腺がんには血清PSA検査という優れた検出方法があり、少量の血液で測定することができます。50歳以上の男性にぜひお勧めしたい検診です。

検査項目
  • 前立腺特異抗原(PSA)

健康診断お申込みフォームはこちら

上に戻る